ケイチク[桂竹]

P.makinoi Hayata
戻る
画面でクリックすると竹皮の坂 商店メニューが表示されます。

ケイチク <分布>
台湾、中国。日本では暖温帯地域。


<特性>
別名「タイワンマダケ」(台湾真竹)

タケノコは春季五月末頃になると地上に発生し、成長した竹稈は直径5cm~8cm、高さ15m~18mになる大型種で台湾に自生。 稈の表面は蝋質成分の付着により、やや白っぽく淡緑色。日本での栽培は稀で、植物園や公園などで 見ることが出来る。日本では温度が影響してあまり大きくならない。


<用途>
稈は弾力性が大きく、加工に適している事から建材、家具材、日用雑貨品の素材として使用される。
筍は甘味があり、柔らかいので食用される。


<竹皮>
竹の皮は小さくて黒い斑紋が見出されるが薄く、肩毛も少なく、無毛であり、包装用材料に利用される。



Back to top